小雨の中、河童橋のたもとで行った上高地の閉山式

小雨の中、河童橋のたもとで行った上高地の閉山式

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

上高地で閉山式 山の恵みに感謝

信濃毎日新聞(2015年11月16日)

 北アルプスの上高地(松本市安曇)で15日、観光シーズンの終わりを告げる閉山式があった。小雨の降る中、河童橋のたもとに多くの観光客が集まって山の恵みに感謝し、来シーズンの安全も願った。

 参加者は、穂高神社(安曇野市)の神主による神事を厳かな雰囲気で見守った。実行委員長の奥原宰(つかさ)・上高地観光旅館組合長はあいさつで「全国では火山の噴火が頻発したが、上高地は平穏な1年となった」と振り返った。

 松本市山岳観光課によると、上高地の今年の入り込みは10月末時点で前年同期比3・3%減の119万1600人。年間では、現行の調査法式を導入した1986(昭和61)年以降で最低となった昨年(127万人)を下回る124万人程度と見込む。同課は「北陸新幹線(長野経由)金沢延伸などの影響」とみる。一方、10月末までの外国人宿泊客は8298人で過去最高という。

 長女と初めて上高地を訪れた東京都東村山市の菊池可奈代さん(70)は「来るのが夢だったのでうれしい。来年も訪れたい」と話していた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット