新設されたスノーマットで初滑りを楽しむスキーヤー=21日、湯沢町三俣

新設されたスノーマットで初滑りを楽しむスキーヤー=21日、湯沢町三俣

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 アウトドア・レジャー

新感覚マットゲレンデ 国内最大級営業を開始 湯沢

新潟日報(2015年11月24日)

 国内最大級のスノーマットゲレンデが今月整備されたかぐらスキー場(湯沢町三俣)が21日、県内スキー場のトップを切ってオープンした。天然の雪はまだなく、あいにくの雨模様だったが、シーズンを待ちわびたファン約300人がプラスチック製のマット上で初滑りを楽しんだ。

 オープンしたのは、みつまたエリアの全長1100メートルのコース。人工のコブも設置され、軽快にコブを乗り越えて滑る人もいた。

 スノーマットを初めて体験したという横浜市の公務員加藤行一郎さん(39)は「意外と雪に近い感覚で滑れた」と話した。

 スキー場によると、今後は、雪の降り方に応じて滑走可能エリアを広げる。今季の営業は来年5月29日までの予定。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース

越後湯沢・魚沼・奥只見
イベント

越後湯沢・魚沼・奥只見
スポット