富山市ファミリーパークに到着したリン

富山市ファミリーパークに到着したリン

富山県 富山・八尾 アウトドア・レジャー その他

アミメキリンのリン仲間入り 富山市ファミリーパーク

北日本新聞(2015年11月26日)

 富山市ファミリーパークの新たな仲間となる「アミメキリン」の雄1頭が25日夜、同市古沢の同パークに到着し、搬入作業が行われた。

 到着したのは1歳9カ月のリンで、体高約3・2メートル、体重約300キロ。宇都宮市の宇都宮動物園からトラックで約7時間かけて着いた。専用の箱に入ったリンはクレーンで降ろされ、キリン舎に入れられた。

 健康診断をした後、12月1日からキリン舎に隣接する小運動場に放ち、来園者は遠目に眺めることができる。早ければ同7日に一般公開される。

 同パークによると、リンは人懐っこく穏やかな性格という。同パークでは今月16日に雌のコナツが死に、1984年の開園以来初めてキリンのいない状況となっていた。今後、繁殖に向けて雌の搬入も目指す。

 担当する動物課飼育展示係の高橋麻里子さん(42)は「ゼロからのスタート。ぐんぐんと大きく育ち、人気者になってほしい」と話した。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット