新潟県 佐渡 グルメ

島産米粉カレー誕生 無添加滑らかな味 JAエーコープ佐渡が開発

新潟日報(2015年11月26日)

 JAエーコープ佐渡(佐渡市新穂潟上)は島内産の米粉を使ったカレールーを開発し、今月から島内のエーコープ7店で販売を始めた。米や米粉消費の拡大につなげようと商品化した。消費者からは「滑らかな味がする」「給食のカレーのよう」などと好評だという。

 JAエーコープ佐渡では、市認証米から作られる佐渡産米粉を使い、ことし2月からカレールーの開発に取り組んだ。通常カレールーに用いる小麦粉を、すべて米粉に置き換えた。合成添加物、化学調味料、動物性油脂も使わず、小麦粉アレルギーのある人も安心して食べられるとしている。

 商品は7皿分150グラムで430円。「中辛」だけで、今後は「甘口」も出す予定。菊池美晴社長は「米の6次産業化や消費拡大につなげたい。安心安全な食品なので、学校給食などでも使ってほしい」と話している。

 問い合わせはJAエーコープ佐渡、0259(24)6531、または各店舗。

佐渡 ニュース

佐渡
イベント

佐渡
スポット