新潟県 上越・妙高・糸魚川 北陸新幹線 祭り・催し

北陸新幹線開業1年記念 多彩な食魅力発信 特別大会開催国際ご当地グルメ 来年3月、上越妙高駅

新潟日報(2015年11月26日)

 北陸新幹線開業1年を記念した「国際ご当地グルメグランプリ」の選抜特別大会が来年3月12、13日、上越市の上越妙高駅で開催される。上越地方を含む沿線のご当地グルメで来場者をもてなし、食の魅力を発信する。25日には最初の実行委員会が上越市で開かれ、事業内容などを承認した。

 会場は上越妙高駅の東口イベント広場ともてなしドーム、自由通路。過去のグランプリで上位入賞した10団体をはじめ、市内、近隣、県外沿線地域などから最大で計30団体に出店してもらう。

 実行委は県や上越市、観光団体、交通事業者などからなる。例年は県が開催地を募集し、秋に開催するが、今回は特別大会とした。事業予算は800万円で県と市の補助金を充てる。

 上越市藤野新田の上越観光物産センターで開かれた第1回実行委では、委員やオブザーバー合わせて12人が出席。会長に村山秀幸市長、実行委員長に田中弘邦・上越観光コンベンション協会会長を選出し、事業概要などを承認した。意見交換では駐車場不足や雪の影響を心配する声も出た。

 村山市長は「上越の多彩な食を提供し、豊かな文化を発信したい」と意気込みを語った。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット