大きな水しぶきを上げ、湖面を竹ざおでたたく伝統漁法のたたき網漁=6日、福井県若狭町の三方湖

大きな水しぶきを上げ、湖面を竹ざおでたたく伝統漁法のたたき網漁=6日、福井県若狭町の三方湖

福井県 敦賀・若狭 グルメ

若狭町三方湖に待望冬の水しぶき コイやフナ狙うたたき網漁始まる

福井新聞(2015年12月7日)

 福井県若狭町の三方湖で6日、竹ざおを水面に打ち付けコイやフナを網に追い込む「たたき網漁」が始まった。漁師たちは冷たい空気を切り裂くように竹ざおを振り下ろし、水しぶきを上げた。

 たたき網漁は、水面を竹ざおでたたくことで、水温が低下し動きが鈍くなっている魚を驚かせ、仕掛けた刺し網に追い込む冬の風物詩。例年1日に始まるが、今年は水温が高く、湖面にヒシが残っていたため5日遅れの解禁となった。

 6日は、鳥浜漁協の5隻が出漁。約300メートルに渡って刺し網を仕掛けた後、船を走らせながら長さ4~5メートルの竹ざおで湖面をたたきつけた。網を引き揚げると体長60センチほどのコイや40センチのフナが姿を現し、漁師たちは笑顔を見せた。

 同漁協の増井増一組合長(68)は「寒くなるほどたくさん捕れやすくなる。コイもフナも特に1月ごろに脂がのっておいしくなるので、その時季の大漁を期待したい」と話していた。

 漁は来年3月末まで続けられ、魚は地元の料理店などに出荷される。

敦賀・若狭 ニュース

敦賀・若狭
イベント

敦賀・若狭
スポット