地面に赤く照らし出された六文銭や周辺の木々を彩るイルミネーションに、子どもも大喜び=9日午後6時36分、上田市の上田駅前お城口広場

地面に赤く照らし出された六文銭や周辺の木々を彩るイルミネーションに、子どもも大喜び=9日午後6時36分、上田市の上田駅前お城口広場

長野県 上田・小諸 祭り・催し

上田駅前、真田氏色に イルミネーション点灯

信濃毎日新聞(2015年12月10日)

 上田市の上田駅前お城口広場で9日、約10万個の発光ダイオード(LED)を使ったイルミネーションの点灯式があった。地元ゆかりの戦国大名、真田氏の甲冑(かっちゅう)「赤備え」をイメージした赤などを基調とする電飾が上田市の玄関口を彩った。

 地元商店街振興組合などでつくる「信州上田灯(あか)りの祭典実行委員会」が主催。午後6時からの点灯式では、女性デュオ「さくらゆき」が歌声を披露し、出席者のカウントダウンで一斉に点灯した。真田氏の家紋「六文銭」が地面に投影される仕組みもあり、訪れた人は盛んに携帯電話のカメラを向けていた。

 来年1月10日に始まるNHK大河ドラマ「真田丸」の放送まであと1カ月。広場を訪れたパート従業員の飯島加奈さん(29)は「地元が舞台になるせっかくの機会。盛り上がってほしい」と話していた。

 イルミネーションは来年2月29日までの午後5〜10時に点灯する。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット