女性の空白な時間を表現した大作などが並ぶ展示=北日本新聞砺波支社

女性の空白な時間を表現した大作などが並ぶ展示=北日本新聞砺波支社

富山県 砺波・南砺・五箇山 祭り・催し

女性の空白時間を表現 となみ野アート開幕

北日本新聞(2015年12月12日)

 砺波地方在住やゆかりの作家を紹介する「となみ野アート 居島くに子洋画展」が11日、砺波市太郎丸の北日本新聞砺波支社ギャラリーで始まった。小矢部市石王丸の洋画家、居島くに子さん(65)が、女性や子どもを中心に描いた32点を紹介している。20日まで。北日本新聞社主催。

 居島さんは40歳のころに洋画家の林清納さんに師事。県展賞や二紀展奨励賞を受賞してきた。

 女性をモチーフとした大作「白い風が吹く刻(とき)」シリーズは7点あり、女性がもの思いにふける空白な時間をモノクロ調で描いた。「刻のメモリー」は女性と児童の3組を表現。その中の1組は居島さん親子で、過去の写真を見ながら描いた。

砺波・南砺・五箇山 ニュース

砺波・南砺・五箇山
イベント

砺波・南砺・五箇山
スポット