農林水産大臣賞の受賞作を見る丸山さん

農林水産大臣賞の受賞作を見る丸山さん

長野県 長野市周辺 グルメ

トマトカレー、全国最高賞に 長野の日本料理店

信濃毎日新聞(2015年12月15日)

 長野市青木島町の日本料理店「悠善(ゆうぜん)」で提供している県産食材を使った献立「信州産ポークときのこの『スパイシートマトカレー』セット」が、「第8回地産地消給食等メニューコンテスト」の外食・弁当部門で最高賞の農林水産大臣賞(1点)に選ばれた。同店は「42種類の食材のうち19種類で県産を活用したことなどが評価されたのでは」と受け止めている。

 献立は、県産のシメジやエリンギ、豚肉が具材のトマトカレーがメーン。ご飯は大豆や玄米などが入った五穀米で、ルーの隠し味に県産のみそや米粉を使った。豆苗のサラダや泡立てたジャガイモペーストを載せた豆乳スープなどが付き、980円で提供。カレーのレトルトも680円で販売している。

 カレーはオーナーシェフの丸山大輔さん(42)が開発。5年ほど前、市内のキノコ生産業者から鍋以外でキノコ需要をどう広げるかの悩みを聞き、料理を考え始めた。子どもから高齢者まで幅広い層に食べてもらえる料理としてカレーを選んだという。丸山さんは「これからも県内の良い食材を知ってもらえる料理を作りたい」と話している。

 コンテストは都市農山漁村交流活性化機構(東京)などの主催。外食・弁当部門には19点の応募があり、11月下旬に表彰式があった。

長野市周辺 ニュース

長野市周辺
イベント

長野市周辺
スポット