「世界で最も美しい富山湾」のロゴマーク

「世界で最も美しい富山湾」のロゴマーク

富山県 その他

立山望む湾描く 美しい富山湾クラブのロゴ選定

北日本新聞(2015年12月16日)

 富山湾の魅力を発信する民間応援組織「美しい富山湾クラブ」は15日、滑川市民交流プラザで第1回理事会を開き、「世界で最も美しい富山湾」のロゴマークを選定した。ロゴを幅広く活用して国内外に富山湾をPRし、ブランドイメージの向上を目指す。

 ロゴは海越しに立山連峰を望む富山湾がモチーフで、明るい青から濃い青へと変わるグラデーションで深さ、ギザギザの線で揺れる蜃気楼(しんきろう)を表現した。中央の緑は自然豊かな富山平野を表した。富山湾を意味する「TOYAMA BAY」の文字を入れた。

 県内外のデザイン会社などに依頼し、21人から40点の応募があった。評価の高い2点を応募した滑川市のグラフィックデザイナー、荒川佳彦さんが応募作を基に制作した。

 この日は地元の上田市長ら顧問、理事ら約30人が出席。永原功会長(北陸経済連合会名誉会長)は「素晴らしいロゴマークができた。湾の魅力と認知度をさらに高めたい」と述べた。ロゴは、クラブ以外にも幅広く利用してもらいたい考え。沿岸部の施設や土産物店へのシールやスタンプの配布、はがきなどロゴ入りグッズの作成も検討する。

 クラブは富山湾の「世界で最も美しい湾クラブ」加盟を受け、5月に設立した。

富山県 ニュース

富山県
イベント

富山県
スポット