学生が制作した動物のモニュメントや植物で南国気分を演出した園内

学生が制作した動物のモニュメントや植物で南国気分を演出した園内

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

真冬に南国気分を 氷見市海浜植物園

北日本新聞(2015年12月20日)

 氷見市海浜植物園(同市柳田)の企画展「真冬の南国になりたい植物園」が19日、同園で始まった。富山大芸術文化学部と連携した催しで、学生たちが手作りした動物のモニュメントを温室に展示し、植物と合わせて南国気分を演出している。初日はランプシェードやテラリウム作りの体験教室もあり、訪れた親子連れらが楽しんだ。企画展は来年2月14日まで。

 富山大の「事業計画立案演習」を受講する3年生を中心とした13人が、冬場の誘客につなげるアイデアを出してほしいと依頼を受け、授業の一環として企画した。

 学生たちは針金と紙を使い、トラやワニ、キツネザル、フラミンゴなどをモチーフにした10種類のモニュメントを制作。風船やLED(発光ダイオード)によるイルミネーションで温室内を彩った。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット