信州上田真田陣太鼓保存会の30周年記念コンサートで演奏する打ち手

信州上田真田陣太鼓保存会の30周年記念コンサートで演奏する打ち手

長野県 上田・小諸 祭り・催し

真田陣太鼓保存会30周年、迫力の響き 上田で記念コンサート

信濃毎日新聞(2015年12月21日)

 上田市などの小学生から70代の約40人でつくる「信州上田真田陣太鼓保存会」は20日、発足30周年記念コンサートを同市交流・文化施設「サントミューゼ」大ホールで開いた。来月のNHK大河ドラマ「真田丸」放送開始を控え、地元ゆかりの戦国大名・真田氏にちなんだ演技を交えて迫力ある演奏を見せた。

 「真田家の時代絵巻調太鼓コンサート」と題した演出で、客席の間を通って打ち手が登場。赤い甲冑(かっちゅう)を着た男性の「いざ出陣」との掛け声を合図に「おーっ」と雄たけびを上げながら太鼓を打った。大坂の陣での真田信繁(幸村)の戦いぶりを描いた曲「真田丸」では、激しい身ぶりとたけだけしい表情で勇壮な演奏を披露し、観客千人以上(主催者発表)から大きな拍手を受けた。

 同保存会はNHKのドラマ「真田太平記」放送を機に1985(昭和60)年に結成。幹事長の金子敏彦さん(58)=上田市大手=は「再びNHKのドラマになり、タイトルと同じ『真田丸』を演奏できるのは喜びです」と話した。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット