大勢のスキーヤーとスノーボーダーでにぎわうゲレンデ=南砺市のたいらスキー場

大勢のスキーヤーとスノーボーダーでにぎわうゲレンデ=南砺市のたいらスキー場

富山県 砺波・南砺・五箇山 アウトドア・レジャー

ようやく滑り出し たいらスキー場にぎわう

北日本新聞(2015年12月31日)

 30日の県内は好天に恵まれ、県内で唯一、ゲレンデのほぼ全域で滑走できる「たいらスキー場」(南砺市梨谷・平)は約2千人の来場者でにぎわった。 

 暖冬による雪不足で「開店休業」状態や上部ゲレンデのみでの営業が続くスキー場が多い中、たいらスキー場は積雪約60センチで、29日から大部分で滑りが楽しめるようになった。

 30日は県内外からスキーヤーが集まり、リフトには長い列ができた。石川県白山市の会社員、今本広一さん(43)は「この冬から高校1年の娘と一緒にボードをやろうと思い、インターネットで滑走可能な場所を探して来た」と言う。

 富山市婦中町響の杜、保育士、新井佑佳さん(22)は「暖冬で年内の初滑りは無理かと思っていただけにうれしい」と声を弾ませた。

砺波・南砺・五箇山 ニュース

砺波・南砺・五箇山
イベント

砺波・南砺・五箇山
スポット