園内を元気に駆け回る悠久山小動物園のニホンザル=4日、長岡市御山町

園内を元気に駆け回る悠久山小動物園のニホンザル=4日、長岡市御山町

新潟県 長岡・寺泊・柏崎 アウトドア・レジャー

ことしは主役ウッキウキー サル駆け回る 長岡・悠久山

新潟日報(2016年1月5日)

 ことしは申(さる)年。長岡市御山町の悠久山公園内の小動物園では4日、「自分たちが主役」とばかりに、約30匹のニホンザルが元気いっぱい走り回る姿が見られた。

 同園には県内唯一のサル山があり、1年を通して群れで暮らす様子を観察できる。同園の管理員、五十嵐伸吾さん(55)によると、新年は元日から雪がなく、近くの神社に初詣するのに合わせてサルを見に来る人が多いという。

 サル山では、3代目のボスザル「ボス」(雌)が見守る中、昨年生まれた子ザルがはしごを勢いよく登ったり、仲間の頭を飛び越えたりしながら駆け回っている。

 祖母と見に来た同市悠久町の小学1年、山崎晴太君(7)は「ことし1年間、子ザルみたいに元気に友達と走り回りたい」と笑顔を見せた。

長岡・寺泊・柏崎 ニュース

長岡・寺泊・柏崎
イベント

長岡・寺泊・柏崎
スポット