内川沿いの番屋の壁に看板を掲げる田代さん=射水市放生津町

内川沿いの番屋の壁に看板を掲げる田代さん=射水市放生津町

富山県 高岡・氷見・射水 グルメ

「人生の約束」ロケの番屋をカフェに 新湊の田代さん、映画公開の9日開店

北日本新聞(2016年1月6日)

 映画「人生の約束」の撮影地となった射水市放生津町(新湊)の内川沿いで、映画公開と同じ9日にカフェ「渡里屋(わたりや)」がオープンする。映画では江口洋介さん演じる漁師の番屋(漁具倉庫)として使われた場所で、2013年まで喫茶店が営まれていた。カフェの開店を企画した地元の造園業、田代祥二さん(64)は「地域活性化の拠点として、多くの人が訪れる場所にしたい」と意気込む。

 ロケで使われた番屋は、江戸時代に北前船の廻船問屋として栄えた「渡辺家」のもの。14年1月に亡くなった渡辺八重子さんが、敷地内にある土蔵を改装して11年から喫茶店を営み、地域住民らの交流拠点となっていた。

 田代さんも、この喫茶店に足繁く通っていたうちの一人。地元の仲間たちと地域をどう盛り上げていくか夢を語り合った場所だけに、映画公開を追い風に活気創出の拠点作りにかける思いは強い。

 カフェの開業には、「人生の約束」の公開後に新湊を訪れる観光客の"受け皿"にしたいという思いもある。「スクリーンに登場する外観をそのまま残した番屋を訪れゆっくりしてもらえれば、新湊のファンが多くなるはず」と田代さんは願っている。

 カフェは約35席で土、日、祝日の午前11時から午後4時まで営業。日本茶インストラクターの認定を受けている田代さんが抹茶(450円)やコーヒー(350円)を提供する。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット