長野県 志賀高原・飯山・北信濃 鉄道

飯山線SL「11月に2日間」の方向 「C11」が客車3両けん引へ

信濃毎日新聞(2016年1月7日)

 JR飯山線の沿線自治体などでつくる「飯山線沿線地域活性化協議会」は6日、JR東日本に要望している同線飯山(飯山市)―長岡(新潟県長岡市)間の蒸気機関車(SL)運行について、11月に2日間のイベント運行とする方向で同社と協議していると正式に明らかにした。蒸気機関車「C11」で客車3両(定員約240人)をけん引する見通しという。同協議会によると、8月をめどに正式決定する。

 関係者によると、初日は午前に飯山を出発し、6時間ほどかけて約100キロ先の長岡に向かう。2日目は長岡発飯山行きとなる。水の補給などで、県内では戸狩野沢温泉(飯山市)、森宮野原(下水内郡栄村)両駅にも停車する見通し。運行前には複数回の試験走行があるという。

 SLの運行に備え、JR東日本はトンネル設備や枕木の改修、交換を進める。沿線の警備などを担う協議会は、区長会などに協力を求める方針だ。

 同協議会は昨年5月、2016年度中のSL運行を同社に要望していた。県内の飯山線をSLが走れば、1972(昭和47)年以来、44年ぶりとなる。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット