温泉に漬かって毛づくろいをする猿たち。湯気の向こうで多くの観光客が写真撮影している

温泉に漬かって毛づくろいをする猿たち。湯気の向こうで多くの観光客が写真撮影している

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 アウトドア・レジャー

さる年だから?やっぱり人気 山ノ内・地獄谷野猿公苑

信濃毎日新聞(2016年1月9日)

 今年のえとの猿が温泉に漬かることで知られる下高井郡山ノ内町の地獄谷野猿公苑が、大勢の観光客でにぎわっている。8日はアジアや欧米などを含む国内外の観光客や写真愛好家が訪れた。愛らしい猿の姿を眺めながら、新年への気持ちを新たにしていた。

 午前9時すぎ、10匹ほどの猿が気持ちよさそうに温泉に漬かり、互いに毛づくろいをしたり、温泉の縁に両手をのせてくつろいだり。観光客はカメラを構えて間近にいる猿を盛んに撮影していた。

 オーストラリアから観光で訪れた大学生エマ・ジョーダンさん(25)は「オーストラリアには野生の猿はいないの。とてもかわいい」。愛知県安城市の大橋富士男さん(65)は「暖冬で雪が少ないのは残念だが、湯に漬かる姿がほほ笑ましい。1年間、健康でいられればいい」と話した。

 公苑の運営会社によると、年末年始の10日間(2015年12月25日〜16年1月3日)の入苑者数は約2万人で、前年の約1・5倍に増えた。外国人やさる年にあやかって訪れる人が増えたほか、暖冬でスキー場のコンディションが悪いために足を運ぶ人もいるという。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット