真田幸村と上越のつながりをPRする懸垂幕=上越市の上越妙高駅

真田幸村と上越のつながりをPRする懸垂幕=上越市の上越妙高駅

新潟県 上越・妙高・糸魚川 その他

真田幸村、上越に見参 上越妙高駅 ゆかりPR懸垂幕

新潟日報(2016年1月12日)

 上越市は、ことしのNHK大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田信繁(幸村)と上越とのつながりをPRする懸垂幕を上越妙高駅東口の「もてなしドーム」に掲げた。期間は2016年末までの予定。

 幸村は人質として上杉氏の居城だった春日山城で過ごしたことがあるとされる。上越市は幸村ゆかりの長野県上田市と姉妹都市で、両市の商工会議所がドラマ放送を好機とみて、両武将と関わりの深い観光スポットを巡るツアーの商品化を目指している。

 懸垂幕は縦6・4メートル、幅4メートル。「義の心で繋(つな)ぐ絆」との言葉とともに、「越後上越上杉おもてなし武将隊」の上杉謙信と景勝、直江兼続、「信州上田おもてなし武将隊」の真田幸村の4人の写真を載せた。自由通路には同様のデザインのフラッグ24枚を掲示した。

 上越市観光振興課は「上杉氏と幸村との縁をPRし、春日山城跡などの誘客につなげたい」としている。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット