映画「図書館戦争」のロケ地となった十日町情報館。出演者のサインや小道具が館内に展示されている=19日、十日町市西本町2

映画「図書館戦争」のロケ地となった十日町情報館。出演者のサインや小道具が館内に展示されている=19日、十日町市西本町2

新潟県 十日町・松之山・津南 その他

十日町にロケ地支持率賞 映画「図書館戦争」を撮影

新潟日報(2016年1月20日)

 映画やドラマのロケ地情報誌「ロケーションジャパン」は、2015年のロケーションジャパン大賞の支持率部門賞に映画「図書館戦争」とロケ地の十日町市を選んだ。読者アンケートで「行きたいまち」「行きたくなったまち」として人気を集めたほか、ロケの支援態勢も評価された。

 ロケーションジャパン大賞は映画やドラマなどのロケ地を対象に、同誌の読者3千人のアンケート、地元の支援度、地域の変化などをポイント化。グランプリと四つの部門賞などを決定する。今回は6回目で、グランプリはNHK連続テレビ小説「まれ」と石川県輪島市だった。

 「図書館戦争」は、検閲から図書館の自由を守る自衛組織「図書隊」の活躍を描いた作品。ロケ地となった十日町情報館は、河岸段丘をイメージした独特な構造の図書館として親しまれている。昨年2月と6月にロケが行われた。

 支援した市民グループ「十日町市ロケ応援団」の樋熊秀行代表は「いい作品に来てもらえた。これからも十日町のいいところを発信して有名になり、映画のまちになっていけば面白い」と夢を膨らませている。

十日町・松之山・津南 ニュース

十日町・松之山・津南
イベント

十日町・松之山・津南
スポット