ブリの模型を持つ来館者

ブリの模型を持つ来館者

富山県 高岡・氷見・射水 その他

リアルなブリ そっくりな模型が登場、道の駅新湊

北日本新聞(2016年1月25日)

 今季は、富山の冬の味覚の王者「ブリ」が不漁だ。しかし、そんな中、射水市鏡宮(新湊)の「道の駅新湊」に、本物そっくりのブリの模型が登場した。

 ブリの模型は、釣りで使う疑似餌「ルアー」の製作会社の丸山達平社長(39)=射水市赤井・大島=が製作した。強化プラスチック樹脂製で長さ1・2メートル、重さ3キロ。ルアー製作の技術を生かして美しく塗装し、細かいうろこも彫った力作だ。

 会場には、地元の漁師が捕ってきたアカヤガラやマトウダイ、マツカサウオなど、普段は見ることがほとんどない珍しい魚も展示し、水槽ではホテイウオが、ひれをなびかせて泳いでいた。

 模型はブリの大きさをあらためて感じさせ、魚の展示は富山湾の豊かさを教えてくれた。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット