市営平スキー場での今季初滑りを楽しむ家族連れら=23日、佐渡市金井新保

市営平スキー場での今季初滑りを楽しむ家族連れら=23日、佐渡市金井新保

新潟県 佐渡 アウトドア・レジャー

待ってたシュプール 平スキー場 今季営業始まる

新潟日報(2016年1月26日)

 佐渡市金井新保の市営平(だいら)スキー場が23日、今季の営業を始めた。少雪で例年より2週間ほどオープンが遅れたが、寒波到来で十分な積雪量に達した。待ち望んでいた家族連れらが、スキーやそり遊びなどを楽しんでいた。

 標高約400メートルのスキー場には全6コースがあり、眼下に国中平野を望む初日の積雪は60センチほど。降ったばかりの柔らかい雪面に、スキーヤーがシュプールを描いた。父親らと訪れた新穂小学校4年、大屋健太朗君(10)は「今年初めてだけど、思っていたより滑れた。楽しい」と声を弾ませた。

 スキー場を管理する佐渡スキー協会では、「冬場の健康増進のためにも、多くの市民に訪れてほしい」と話している。営業は木曜~日曜、祝日の午前9時~午後4時。3月初めごろまで続く予定だ。

佐渡 ニュース

佐渡
イベント

佐渡
スポット