ライトアップされ、夕闇に映える岩瀬家=南砺市西赤尾町

ライトアップされ、夕闇に映える岩瀬家=南砺市西赤尾町

富山県 砺波・南砺・五箇山 アウトドア・レジャー

合掌造り「岩瀬家」一帯ライトアップ 30日から上平

北日本新聞(2016年1月30日)

 30日から始まる南砺市上平地域のライトアップイベント「四季の五箇山 雪あかり」を前に、試験点灯が29日、同市西赤尾町の国重要文化財・岩瀬家一帯で行われ、国内最大級の合掌造り家屋が幻想的に照らし出された。

 イベントは地元住民でつくる実行委員会が企画し、30、31の両日、岩瀬家と隣接する行徳寺をライトアップする。実行委メンバーが計16基のライトを設置し、向きや角度を調整。雪化粧した合掌造りが雨に煙る夕闇の山里に映えた。フルカラーのLED(発光ダイオード)照明も3基導入し、行徳寺の茅(かや)ぶきの山門を多彩な色の光で照らす。

 ライトアップは日没~午後8時。両日午後7時から岩瀬家内で五箇山民謡が披露される。入館料500円。2月6、7日は世界遺産・菅沼合掌造り集落を照らす。問い合わせは五箇山合掌の里、電話0763(67)3300。

砺波・南砺・五箇山 ニュース

砺波・南砺・五箇山
イベント

砺波・南砺・五箇山
スポット