渡辺邸に飾られた「団子の木」=1日、関川村下関

渡辺邸に飾られた「団子の木」=1日、関川村下関

新潟県 新発田・月岡・阿賀野 祭り・催し

小正月彩る「団子の木」 渡辺邸で7年ぶり展示 関川

新潟日報(2016年2月2日)

 旧暦の小正月を祝う「団子の木」の飾り付けが1日、関川村の国指定重要文化財「渡辺邸」で行われた。子孫繁栄や商売繁盛の願いを込めて、枝先にピンクや白の餅を付けたミズキの枝に、家紋の柄が付いたせんべいなどをつるした。

 渡辺邸では2009~14年に大規模改修をしたため、7年ぶりの展示となった。以前は村内の各家庭で行われていたが、建築様式の変化で、木をくくり付けられる大きな柱のある家が減り、飾られることが少なくなったという。

 地元の伝統に詳しい坂上初美さん(68)の指導を受けて、スタッフが渡辺家の2種類の家紋や春の訪れを告げるウグイスをかたどったせんべいを1枚ずつ丁寧にいろりで焼き、飾り付けた。

 渡辺邸保存会の井浦慎一郎事務局長(65)は「昔ながらの大きな団子の木が完成した。多くの人に見てほしい」と呼び掛けた。

 15日まで。午前9時~午後4時。入場料は一般600円、小中学生250円。問い合わせは渡辺邸、0254(64)1002。

新発田・月岡・阿賀野 ニュース

新発田・月岡・阿賀野
イベント

新発田・月岡・阿賀野
スポット