グランプリに選ばれた「蕎麦と焼き林檎のまつもとプリン」

グランプリに選ばれた「蕎麦と焼き林檎のまつもとプリン」

長野県 松本・上高地・美ヶ原 スイーツ

蕎麦と焼き林檎のまつもとプリン 松本の新名物グランプリに

信濃毎日新聞(2016年2月4日)

 松本市の新名物となる菓子を作る「松本スイーツコンテスト2016」(松本菓子組合、信濃毎日新聞社などの実行委員会主催)の最終審査が3日、松本市内であった。県内外の52人が応募したレシピ64作品から「蕎麦(そば)と焼き林檎(りんご)のまつもとプリン」をグランプリに決定。他の入賞5作品を含めて商品化を検討し、3月にも市内の菓子店で売り出す予定だ。

 審査員は、ザ・キャピトルホテル東急(東京)のシェフパティシエ安里哲也さん、同市出身の女優で市観光大使の秋本奈緒美さん、公募市民ら8人。1次審査を通った10作品を試食、味や見栄え、松本らしさを基準に採点した。

 グランプリ作品は同市中央2の菓子店「御菓子処藤むら」の近藤美希さん(41)が考案。そば粉を使ったプリンの下に焼きリンゴを入れた。近藤さんは「松本の新しい、有名なお菓子になったらうれしい」と話していた。

 準グランプリは、皮に竹炭を使った黒い「松本城シュークリーム」を選定。一部の入賞作品は2月21日、イオン南松本店で先行販売し、同店で安里さんと秋本さんらのトークショーもある。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット