関係者に見送られ上田市に向け出発する松本市からの直行バス=6日午前7時12分、同市の松本バスターミナル

関係者に見送られ上田市に向け出発する松本市からの直行バス=6日午前7時12分、同市の松本バスターミナル

長野県 上田・小諸 松本・上高地・美ヶ原 その他

「真田丸効果」バスで拡大 松本―上田の運行開始

信濃毎日新聞(2016年2月6日)

 上田市ゆかりの戦国武将、真田信繁(幸村)の生涯を描くNHK大河ドラマ「真田丸」の放送開始をきっかけに新たな観光需要の開拓を目指し、上田、松本両市を結ぶ直行バスの運行が6日、始まった。始発便に合わせ、関係者が松本市の松本バスターミナルで出発セレモニーを開催。真田丸放送で注目される上田市と城下町の歴史がある松本市の連携による地域活性化を願った。

 バス運行は「真田丸効果」を広域観光につなげようと両市が計画。同バスターミナルと上田市のJR上田駅の間を、国道254号三才山トンネル有料道路を通って結び、真田氏ゆかりの上田市と松本城がある松本市を巡り、歴史探訪などを楽しんでもらうのが狙いだ。札幌、福岡便がある松本市の県営松本空港を利用してもらい北海道と九州から、上田市では北陸新幹線(長野経由)で首都圏や北陸方面から誘客を図ることで、両市への観光客増加を目指す。

 出発セレモニーで、松本市の菅谷昭市長は「直行バス運行が松本と上田の観光連携を深め、明るい未来のスタートとなるよう願う」、上田市の母袋創一市長は「バスは路線バスへの移行も視野に入れ、さまざまな利用を検討したい」とあいさつ。関係者がテープカットし、午前7時10分に始発便が両市関係者ら約30人を乗せ、上田市に向かった。

 バスは3月27日までの土日曜・祝日に運行(計18日間)。松本―上田間を1日2往復し、片道の所要時間は1時間45分。運賃は片道1500円(6〜11歳は750円)。4月以降も運行を予定している。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット