童謡や唱歌を歌う「童謡唱歌の会」のメンバー

童謡や唱歌を歌う「童謡唱歌の会」のメンバー

長野県 志賀高原・飯山・北信濃 祭り・催し

音楽で親しむ小林一茶 高山でフェスタ100人楽しむ

信濃毎日新聞(2016年2月8日)

 上高井郡高山村の「一茶ゆかりの里一茶館」は7日、江戸時代の俳人小林一茶(1763〜1827年)に親しむイベント「第10回一茶ゆかりの里フェスタ」を同館で開いた。同村や同郡小布施町、須坂市を拠点に活動する音楽グループ5団体によるミニコンサートでは、一茶にちなんだ演奏などがあり、約100人が楽しんだ。

 同村在住などの30〜70代でつくる「童謡唱歌の会」はメンバー19人が参加。一茶について歌った童謡「一茶さん」のほか、「雪の降る街を」「ペチカ」などを披露した。参加者も一緒に口ずさんだ。このほか、オカリナとクラシックギターの演奏などがあった。

 友人と訪れた長野市川中島町御厨の主婦大沢三枝子さん(69)は「懐かしい歌が多く、一緒に歌うこともできて楽しかった」と話していた。

 この日は一茶館の入館を無料にし、展示を楽しめるようにしたほか、地元の郷土料理「ひんのべ汁」の振る舞いもあった。

志賀高原・飯山・北信濃 ニュース

志賀高原・飯山・北信濃
イベント

志賀高原・飯山・北信濃
スポット