村民食堂で販売している県内8蔵のみそ

村民食堂で販売している県内8蔵のみそ

長野県 軽井沢・佐久・小海線沿線 祭り・催し グルメ

8蔵の信州みそ、軽井沢に 販売やみそ汁試飲の催し

信濃毎日新聞(2016年2月10日)

 軽井沢町の星野リゾートは29日まで、同社が運営する町内の飲食店「村民食堂」で県内8蔵のみその販売やみそ汁の試飲などを行っている。「信州味噌彩々(みそさいさい)」と題し、食文化の魅力を感じてもらう機会に―と企画した。

 和泉屋商店(佐久市)、井上醸造(長野市)、糀屋本藤(こうじやほんどう)醸造舗(須坂市)、武田味噌醸造(上田市)、丸昌稲垣(まるしょういながき)(飯田市)、丸正醸造(松本市)、丸高蔵(まるたかぐら)(諏訪市)、山印醸造(上田市)が出品。計20種類がずらりと並んでいる。試飲は8種類が対象で、午前10時〜午後5時。好きな3種類のみそを使った焼きおにぎりも1セット500円で販売している。

 広報担当者は「みその魅力をさまざまな角度から体験してほしい」と期待。台湾から訪れた女性、陳怡旋さん(30)は「台湾にもみそがあるが、日本のみその方が味が濃くておいしい」と興味深そうに並んだみそを眺めていた。

 27、28日の午後2〜4時にはみその仕込み体験も村民食堂で行う。仕込んだみそは持ち帰りができる。1組4千円。事前予約が必要。問い合わせは村民食堂(電話0267・44・3571)へ。

軽井沢・佐久・小海線沿線 ニュース

軽井沢・佐久・小海線沿線
イベント

軽井沢・佐久・小海線沿線
スポット