ルーデンス湯沢スキー場レストハウスで提供される「メガ盛りW勝つカレー」。驚きのボリュームだ=湯沢町土樽

ルーデンス湯沢スキー場レストハウスで提供される「メガ盛りW勝つカレー」。驚きのボリュームだ=湯沢町土樽

新潟県 越後湯沢・魚沼・奥只見 グルメ

Wのメガ盛り W杯アルペン応援 湯沢の飲食店特別メニュー カレー、ピザなど提供

新潟日報(2016年2月10日)

 13、14日に湯沢町の苗場スキー場で開かれるアルペンスキーワールドカップ(W杯)を盛り上げようと、町内の飲食店や宿泊施設が特別メニューを用意している。大会名にちなんでカツやご飯の量を2倍(W(ダブル))にしたカレーや、選手の出身国の食材を使ったピザなどが登場。企画した町観光協会は「地元の食を楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 ルーデンス湯沢スキー場(同町土樽)のレストハウスは、カツやご飯の量を普通のカツカレーの倍にした「メガ盛りW勝つカレー」を用意した。価格は普通のカツカレーと同じ千円(税込み、毎日先着10人限定)。

 同スキー場は「W杯をPRしたいと思って提供を決めた。ボリュームたっぷりのカレーなので、観戦客だけでなくスキー客の皆さんにも滑る力を付けてもらいたい」と話している。

 岩原スキー場(同)のゲレンデ内にあるピッツェリア「ピットーレ岩原本店」は、アルペン強豪国スイスをイメージしたピザを考案。スイス産の「アッペンツェーラ」や「エーメンタール」などのチーズを組み合わせた。まき窯で焼き上げた、香ばしくまろやかで、こくのあるチーズの味わいが楽しめる。

 同店の辻伊佐男代表(63)は「南魚沼地域の甘口の日本酒にも合うピザ。料理を通して、W杯を応援していきたいという気持ちを込めた」と選手や大会関係者にエールを送る。開催年になぞらえ価格は2016円(税別)とした。

 特別メニューを提供するのは計7施設。それぞれのメニューは湯沢町観光協会ホームページで見られる。町観光協会の上村信男専務理事(65)は「スキー客やW杯観戦客に、各施設が工夫を凝らしたメニューを味わってもらいたい」とPRしている。

越後湯沢・魚沼・奥只見 ニュース

越後湯沢・魚沼・奥只見
イベント

越後湯沢・魚沼・奥只見
スポット