新潟県 上越・妙高・糸魚川 鉄道

トキ鉄、サイクルトレイン運行へ 直江津-北新井間で3月に社会実験

新潟日報(2016年2月12日)

 えちごトキめき鉄道(上越市)は10日、自転車を持って乗車できる列車「サイクルトレイン」を3月14~18日、直江津-北新井で運行すると発表した。社会実験として需要や課題を探り、普段の運行につなげたい考えだ。

 同社によると、県外ではサイクルトレインの導入例はあるが、県内では「イベント以外で通常列車を活用した例はないとみられる」という。

 サイクルトレインは直江津-妙高高原を走る日中の上下各3本を予定。対象区間の6駅のうち、エレベーターやスロープでホームに行ける5駅でのみ自転車と乗降できる。

 自転車の持ち込みは無料だが、自転車のサイズや混み具合によっては持ち込めない。

 同社では期間終了後も社会実験を重ね、導入の可否を判断する。嶋津忠裕社長は「買い物やサイクリングなどで楽しく、有効に使ってもらいたい」と話した。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット