薬味として何にでも合うと好評の「十日町薬味 かぐらなんばん」

薬味として何にでも合うと好評の「十日町薬味 かぐらなんばん」

新潟県 十日町・松之山・津南 特産

カグラナンバン粉末薬味、十日町名物に マイルドな辛さ好評 「クロス10」販売

新潟日報(2016年2月15日)

 十日町地域地場産業振興センター「クロス10」は、地元産のカグラナンバンを乾燥させパウダー状に加工した「十日町薬味 かぐらなんばん」を発売した。薬味として和食から洋食まで幅広く利用できるとして、関係者は地元の新たな名物にと期待している。

 カグラナンバンは十日町地域に古くから伝わっていたが、商品化される例は少なかった。また、ほかの地域の商品とは違ったものにしたいとパウダー状にした。

 製造は障害福祉サービス事業所「ワークセンターかわにし」が担う。自前の畑を持ち、乾燥野菜などを商品化していることから、既存の設備が使えるとして依頼した。同センターの利用者の賃金アップやモチベーションにつながることも考慮した。

 カグラナンバンには、実が若いうちに収穫し香りに切れがある「緑」と、完熟させた「赤」がある。「十日町薬味」は赤を主体に緑をブレンドすることで、さわやかでうまみのある辛さと、まろやかに広がる香りが楽しめるという。

 2年前に試作し、市内や東京都内の飲食店に提供したところ「マイルドで辛さに丸みがある」「肉がキリッとする」など好評だったため販売を決めた。

 クロス10の斎木保典ディレクターは「天ぷらやしゃぶしゃぶ、パスタにもいい。多くの人に喜んでもらい、十日町の名物になれると感じている」と手応えを話している。

 瓶詰め1本20グラム入りで550円(税込み)。業務用100グラムも取り扱っている。収穫量に応じた生産のため、数に限りがある。問い合わせはクロス10、025(757)2323。

十日町・松之山・津南 ニュース

十日町・松之山・津南
イベント

十日町・松之山・津南
スポット