長野県 松本・上高地・美ヶ原 アウトドア・レジャー

東京駅―上高地、高速バス運行 4月下旬から1日1往復

信濃毎日新聞(2016年2月26日)

 アルピコグループのアルピコ交通東京(東京)は25日、東京駅と北アルプス・上高地(松本市)を結ぶ高速乗り合いバス「さわやか信州号東京―上高地線」を4月下旬から運行すると発表した。上高地は8月11日に初めて迎える国民の祝日「山の日」の記念全国大会の会場になり、山岳景勝地としての注目が一段と高まると予想。行楽客の需要増を見込む。

 運行期間は4月28日〜11月6日。1日1往復で、毎日運行する。上高地行きは午後10時40分に東京駅八重洲南口を出発し、翌日午前5時20分に上高地バスターミナルに到着。東京行きは午後3時半に上高地バスターミナルを出発し、午後8時半に東京駅日本橋口に着く。

 バスは3列シートのグリーンカーで28人乗り。運賃は片道大人8400円(大型連休など繁忙期は9600円)、6歳以上12歳未満5100円(同5700円)。予約は3月15日から受け付ける。

 グループでバス事業を手掛けるアルピコ交通(松本市)は、成長が見込める首都圏の需要を取り込む狙いで昨年4月にアルピコ交通東京を設立。同社は上高地と新宿、大宮・川越(埼玉県)のそれぞれを結ぶ高速乗り合いバスを運行してきた。

 アルピコ交通は「行楽期にほぼ満席となる新宿―上高地線を新規路線で補完できる。2020年の東京五輪開催を控え、外国人客も取り込んでいきたい」(営業企画課)としている。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット