右近家に99年前から伝わるひな人形=福井県南越前町河野の北前船主の館・右近家

右近家に99年前から伝わるひな人形=福井県南越前町河野の北前船主の館・右近家

福井県 鯖江・武生・越前海岸 祭り・催し

99年前のひな人形展 北前船主の館・右近家

福井新聞(2016年3月1日)

 桃の節句を前に福井県南越前町河野の北前船主の館・右近家で、99年前に贈られたひな人形が展示されている。子どもの健やかな成長を願い、華やかな人形を飾ってきた歴史がしのばれる。22日まで。

 人形は、右近家11代当主、義太郎の長女国分富久子さん(100)=東京都在住=へ、義太郎の妻の実家、石川県能登の時国家から贈られたもの。桐箱に大正6(1917)年3月と記されている。町が2008年に譲り受け、翌年から毎年展示している。

 5段に飾られた人形はいずれも保存状態がよく上品な顔立ち。雅楽を奏でる五人ばやし、酒を注ぐ長柄などを持った三人官女らが並ぶ。

 今年は富久子さんの100歳を記念して、3日から入館者先着100人に北前船をデザインした手提げ袋を進呈。3~6日には女性に限り、ひなあられもプレゼントする。

 水曜休館。入館料は小中学生300円、高校生以上500円。問い合わせは同館・右近家=電話0778(48)2196。

鯖江・武生・越前海岸 ニュース

鯖江・武生・越前海岸
イベント

鯖江・武生・越前海岸
スポット