「魚津のパン屋さん」の1シーン

「魚津のパン屋さん」の1シーン

富山県 黒部・宇奈月・新川 アウトドア・レジャー グルメ

出演者とロケ地巡ろう 映画「魚津のパン屋さん」

北日本新聞(2016年3月7日)

■19日ツアー、参加者募る

 魚津市を舞台にした映画「魚津のパン屋さん」を観賞し、出演者と共にロケ地を巡るツアーが19日、同市で行われる。主催するロケまち魚津プロジェクト実行委員会(事務局・北日本新聞新川支社内)は参加者を募集している。

 映画は、都会で挫折した女性が故郷の魚津でパン店を開く夢を追う物語。タカオカンドリーム社(高岡市)の市川徹監督が製作した。

 当日は午前10時から魚津市の新川文化ホールで映画を観賞後、同市のホテルグランミラージュで昼食を楽しむ。

 午後は、主人公の妹役の富山市のダンサー、ぶらっくすわんさん、主人公の母親役の竹内晶子さんら出演者の解説を聞きながら、パン店のモデルになった「米工房ジャスミン」をはじめ、しんきろうロードや魚津港を訪れる。

 参加費は3500円。バス代、食事代、施設入場料などを含む。定員80人。申し込みは魚津交通「ロケ地ツアー係」。電話0765(22)0640。締め切りは10日。

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット