きらびやかなひな人形に見入る来場者=高岡市土蔵造りのまち資料館

きらびやかなひな人形に見入る来場者=高岡市土蔵造りのまち資料館

富山県 高岡・氷見・射水 祭り・催し

山町筋のひなまつり始まる 高岡

北日本新聞(2016年3月13日)

 伝統的な土蔵造りの町屋が並ぶ高岡市山町筋を舞台にした「第16回山町筋のひなまつり」が12日、始まった。商店や家屋には、江戸や明治、大正時代から受け継がれるひな人形や華やかな現代風の人形が飾られ、訪れた観光客らの目を楽しませていた。13日まで。

 土蔵造りのある山町筋まちづくり協議会(発田基会長)が毎年開いている。市、高岡商工会議所、末広開発、北日本新聞社共催。

 会場は、御馬出町、守山町、木舟町、小馬出町の4町で、約35カ所に約100点の人形が並んでいる。市土蔵造りのまち資料館(小馬出町)では、豪華な段飾りや江戸時代の内裏びなを紹介。茶席も設けられ、和装の男性がもてなした。会場では、大野屋(木舟町)の職人が春の花などをモチーフにした生菓子作りを実演し、来場客は出来たての和菓子と一緒に和やかな一服を味わった。

 山町筋防災施設(同)では、晒谷和子市立博物館長が「ひなまつりとひな飾り」について講演会を行った。

 13日は、午前10時~午後4時半まで。高岡御車山会館(守山町)で林昌男同館長と中村知子同館学芸員が、高岡御車山祭について講演する。太田家では午後1時と同3時から箏(そう)曲家の太田衣代さんが美しい和の音色を披露する。

高岡・氷見・射水 ニュース

高岡・氷見・射水
イベント

高岡・氷見・射水
スポット