移動販売車が並び、にぎわうイベント=富山駅南口駅前広場

移動販売車が並び、にぎわうイベント=富山駅南口駅前広場

富山県 富山・八尾 北陸新幹線

駅前広場ようやく完成 富山駅南口

北日本新聞(2016年3月14日)

 北陸新幹線開業後も工事が続いていた富山駅南口駅前広場が、ようやく完成した。13日には記念イベント「駅広ビュッフェ」があり、クレープやたこ焼き、焼き鳥などを販売する車が並んだ。中には、駅前での営業を久しぶりに再開したラーメン屋台も。さっそく旅行客や家族連れ、カップルらが詰め掛け、富山の玄関口である「駅前」に、にぎわいが戻ってきた。

 イベント会場は、駅構内に市内電車を引き込む軌道に沿ったスペースで、移動販売車6台が営業した。友だちとクレープを食べた小杉高2年の針山亜美さん(17)は「友だちと一緒だとおいしい」と笑みを浮かべた。

 イベントでは富山駅前で長く親しまれた「駅前ラーメンひげ」の屋台が約2年半ぶりにオープン。店主の水落光夫さん(42)は「常連さんの要望もあったので、駅前に戻れてほっとしている。以前と雰囲気は変わったが、営業を続けたい」と話した。

 南口駅前広場は4月から、市がイベントスペースとして貸し出す。この日の催しは市が企画し、24~30日も同様のイベントがある。

 広場はバス、タクシーのロータリーを含め計約1万2千平方メートルあり、市によると工事の際に車両が通る搬入路だったエリアは整備が後回しになっていた。3月に入り、工事がすべて完了した。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット