チーズを手に「富山や黒部を多くの人に知ってもらいたい」と話すTomomiさん =黒部市のチーズ加工場

チーズを手に「富山や黒部を多くの人に知ってもらいたい」と話すTomomiさん =黒部市のチーズ加工場

富山県 黒部・宇奈月・新川 グルメ

黒部のヤギチーズ 大空へ JAL国際線 機内食に採用

北日本新聞(2016年3月22日)

 農牧業を手掛ける吉田興産(黒部市、代表・吉田忠裕YKK会長)のヤギチーズが、日本航空(JAL)の国際線ファーストクラスの機内食に採用された。歯応えのあるセミハードタイプが5月末まで乗客に提供される。チーズ作りを担う、吉田会長の三女で歌手のTomomiさんは「世界各国の人に味わってもらい、富山や黒部に関心を持ってほしい」と話している。

 成田-ニューヨークや羽田-ロンドンなど7路線で採用された。今年1~2月は約3カ月熟成させた「ラ・カプラ」を、3月からは熟成期間を2倍の約半年にした「ラ・カプラPlus」を、1日当たり約1キログラムのペースで出荷している。

 昨夏に北陸銀行が富山市で開いた食と観光の商談会「ビジネス・サミット」にチーズを出展したところ、大手商社の担当者の目に留まり、採用につながった。Tomomiさんは「今後も継続して採用されるよう、質の良いチーズを作っていきたい」と意気込んでいる。

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット