みそとメギスの魚醤を組み合わせた「メギみそ」=上越市西本町3

みそとメギスの魚醤を組み合わせた「メギみそ」=上越市西本町3

新潟県 上越・妙高・糸魚川 グルメ 特産

メギスで汁にひと味 上越・山本味噌醸造場 魚醤入りみそ発売

新潟日報(2016年3月22日)

 上越地方で親しまれている魚メギスの魚醤(ぎょしょう)とみそを合わせ、お湯を注ぐとみそ汁になる商品「メギみそ」が登場した。上越市中央1の山本味噌(みそ)醸造場が、創業100周年を記念して発売した。同社は「塩分は控えめだが、メギスのうまみを効かせ、しっかりした味わいに仕上げた」としている。

 メギみそは、同社の山本幹雄専務が知人から聞いた「みそ汁に魚醤を入れるとおいしい」という話をヒントに開発した。同社が普段販売しているみそを魚醤と混ぜると塩辛くなるため、塩分を抑えた専用のみそを新たに製造。通常のみその塩分は12%前後だが、メギみそは7%に下げた。

 魚醤は、市民団体「上越の食を考える会」メンバーの旅館業者が作った魚醤を使用。みそと魚醤はいずれも化学調味料などを使っておらず、山本専務は「無添加食品のニーズは高く、安心安全の商品を作ろうと考えた」と話している。

 チューブタイプで使いやすくした。200グラム入りで540円(税込み)。同社本店と同市西本町3のショッピングセンター「エルマール」内の店舗、上越観光物産センター上越妙高駅店で販売している。問い合わせは山本味噌醸造場、025(534)2283。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット