カメラ女子目線の見どころを盛り込んだ冊子を手にする検討委員会メンバー

カメラ女子目線の見どころを盛り込んだ冊子を手にする検討委員会メンバー

富山県 砺波・南砺・五箇山 その他

福野の見どころを女性の目線で 南砺市商工会支部が観光ブック

北日本新聞(2016年3月24日)

 南砺市商工会福野支部(栗山雅明支部長)は、「カメラ女子」と呼ばれる女性カメラ愛好家に選んでもらった同市福野地域内の見どころを盛り込んだ観光ガイドブックを発刊した。レトロ建築、夜高行燈(あんどん)、ヒーリングをそれぞれテーマとしたコースをアピールし、観光客増加への波及効果を狙っている。

 三つのコースを設定した上で、市外の「カメラ女子」4人がそれらを巡り、気に入ったスポットを撮影した。完成した冊子はA5判、15ページ。「レトロ建築・町並み探訪」と題したコースでは、南砺福野高校の国指定重要文化財・巌浄閣(がんじょうかく)や、昭和期の和風邸宅がある町並みを取り入れた。

 「武者絵・あんどん堪能」は福野夜高祭ゆかりの福野神明社、大行燈が展示されている福野文化創造センターを、「ヒーリングツアー」には古刹(こさつ)・安居寺と近くの旧家、冨田家を紹介している。ツタがはう壁面、コケがむす石垣など、外からの視点で掘り起こした見どころも掲載した。同支部の着地型観光検討委員会(柴田昌尚委員長)が企画。県の補助を受けて約8千部を作製し、県内の観光案内所や市内の観光ボランティアに配る。

砺波・南砺・五箇山 ニュース

砺波・南砺・五箇山
イベント

砺波・南砺・五箇山
スポット