長野県 上田・小諸 祭り・催し

上田合戦の地、神川に響く太鼓 真田陣太鼓保存会

信濃毎日新聞(2016年4月4日)

 上田市などの小学生から70代までの約30人でつくる「信州上田真田陣太鼓保存会」は3日、同市の神川(かんがわ)河川敷で演奏会を開いた=写真。この日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」第13回は、真田軍が徳川の大軍を迎え撃つ「第1次上田合戦」(神川合戦)を描写。戦いの舞台となった神川で演奏を楽しんでもらおうと企画し、約150人が集まった。

 河川敷は、「壮年ソフトボール神川リーグ」と住民でつくる「神川地区振興会」の両地元団体が2月下旬、合戦の地だったことを示す横断幕を掲げ、木々などを撤去して整備。赤い甲冑(かっちゅう)を着た保存会のメンバーは、同合戦を表現する「出陣」や、大坂の陣での真田信繁(幸村)の戦いぶりを描いた「真田丸」など4曲を、寸劇も交えて披露した。

 保存会の金子敏彦幹事長(58)=上田市大手=は「戦地での演奏会が実現できてうれしい」。鑑賞した会社員藤田茂さん(47)=同市常磐城=は「腹に響く迫力に感激した」と話した。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット