妙高山にはっきりと現れた「跳ね馬」(イラスト参照)。矢代川周辺では桜も咲き始めた=6日、妙高市

妙高山にはっきりと現れた「跳ね馬」(イラスト参照)。矢代川周辺では桜も咲き始めた=6日、妙高市

新潟県 上越・妙高・糸魚川 花・紅葉 アウトドア・レジャー

山の中腹に春の足音 妙高

新潟日報(2016年4月7日)

 上越地域に春を告げる妙高山(2454メートル)の雪形「跳ね馬」が6日、はっきりと姿を現した。

 跳ね馬は妙高山の外輪山「神奈山(かんなさん)」の中腹に現れる。残雪の中に浮かび上がった山肌が、前足を上げて走りだそうとする馬のように見える。農作業開始の目安として、地元の人に親しまれてきた。妙高市によると、ことしは少雪の影響で姿がはっきりしたのは例年より2~3週間早いという。

 市の中心部を流れる矢代川に架かる「はねうま大橋」周辺では桜も咲き始め、カメラに収める人の姿も見られた。妙高市の男性はカメラを構えながら「桜も咲き、川の水もきれいで一番いい時季ですね」と表情をほころばせていた。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット