見頃を迎えた昼神温泉郷のハナモモ=14日、阿智村

見頃を迎えた昼神温泉郷のハナモモ=14日、阿智村

長野県 伊那路 花・紅葉 祭り・催し

昼神温泉のハナモモ見頃 阿智の観光シーズン幕開け

信濃毎日新聞(2016年4月15日)

 県内は14日、高気圧に覆われて気温が上昇し、飯田市南信濃では最高気温が25・1度を観測し、県内で今年初めて最高気温が25度以上となる夏日になった。下伊那郡阿智村の昼神温泉郷近くではハナモモが見頃を迎えた。例年より1週間ほど早い開花で、桜の花吹雪との競演も見られた。

 ハナモモは同村から木曽郡南木曽町へ抜ける国道256号沿いの「花桃街道」に約5千本が植えられており、現在は同村駒場や昼神温泉郷付近が見頃。夫婦で旅行帰りに立ち寄った岐阜県の会社員中島雅さん(58)は「こんなに群生している所は初めて見た」としきりにカメラのシャッターを切っていた。

 住民でつくる実行委員会は村の特産品を売る「花まつり」を17日まで昼神温泉郷で開催中。別にハナモモ約5千本が植わる月川温泉郷でも20日からまつりが始まる。16日からは同村のスキー場「ヘブンスそのはら」で、星空を楽しむ「ナイトツアー」も始まり、春夏の観光シーズンが本格的に幕開けする。

 気象庁によると、この日は飯田24・4度、木曽福島24・3度、上田23・8度、伊那23・7度など、県内30観測地点中22地点で最高気温が20度以上となった。長野地方気象台によると、15日は冬型の気圧配置になり、県北部は気圧の谷の影響で夜は曇り。中南部は晴れて、気温は下がる見込み。

伊那路 ニュース

伊那路
イベント

伊那路
スポット