石井知事(右)と懇談する中華航空の張総経理(左)=県庁

石井知事(右)と懇談する中華航空の張総経理(左)=県庁

富山県 立山黒部アルペンルート その他

「雪の大谷」に合わせ富山-台北便週6便に増便

北日本新聞(2016年4月16日)

 富山-台北便が16日から期間限定で週6便化するのを前に、中華航空(チャイナエアライン)の張(ちょう)有恒(ゆうこう)総経理(社長)が15日、県庁に石井隆一知事を訪ね、「立山黒部アルペンルートの雪の大谷はとても人気で、多くの人が楽しみにしている」と語った。

 今年3月27日~10月29日の夏ダイヤ期間、富山-台北便は通常週4便(月、木、金、日曜)で運航。雪の大谷の期間に合わせ、16日~5月28日の6週間は、水、土曜を加えた週6便となる。

 張総経理は、台北への観光客増を目指して県内でPRイベントを開く意向も示し、知事は協力する考えを伝えた上で「可能であれば、私も今夏に台湾を訪れたい」と述べた。

 使用機体は158人乗り。ダイヤは月、木、金、日曜が台北発午前7時45分-富山着午前11時40分、富山発午後0時40分-台北着午後3時。水、土曜は台北発午前8時5分-富山着正午、富山発午後1時-台北着午後3時20分となっている。

立山黒部アルペンルート ニュース

立山黒部アルペンルート
イベント

立山黒部アルペンルート
スポット