初日からにぎわう「コンパクトデリトヤマ」=富山市大手町

初日からにぎわう「コンパクトデリトヤマ」=富山市大手町

富山県 富山・八尾 グルメ 特産 麺類

総菜の「コンパクトデリトヤマ」オープン 富山国際会議場

北日本新聞(2016年4月16日)

 富山の食材にこだわった総菜を販売する飲食店「コンパクトデリトヤマ」が15日、富山市の富山国際会議場1階にオープンした。総菜は市内の有名飲食店18店が提供したレシピのもので、地元メーカーの日本酒、ビール、ワインもそろえ、初日からにぎわった。

 総菜は、各店の料理人が工夫を凝らした。ワラで薫製したホタルイカ、シロエビとしゃきしゃきした食感のタマネギをゼリーでとじた一品、ズワイガニとホタテのテリーヌなど、和食からイタリア料理、フランス料理まで幅広く取りそろえた。価格は270円から600円に設定。毎日約20品が販売され、季節ごとに入れ替わる。

 このほか、黒崎鮮魚(同市寺島)が吟味した刺し身、パスタやカレーなどカフェメニューも用意した。

 店内には63席を設け、内装は県産木材をあしらって落ち着いた雰囲気に仕立てた。

 この日は開店に先立ちオープニングセレモニーがあり、森雅志市長ら関係者がテープカット。店をプロデュースした同市出身の商品ジャーナリスト、北村森さんが商品について説明し「観光客が朝から一杯飲める店が必要だと考えた。地元の人たちにも来てほしい」と話した。

 同店は、富山市が中心市街地の活性化を目指して開設。ANAクラウンプラザホテル富山が運営を担う。営業時間は午前9時から午後7時。

富山・八尾 ニュース

富山・八尾
イベント

富山・八尾
スポット