武将のキャラクターが上杉謙信の足跡を解説するパンフレット

武将のキャラクターが上杉謙信の足跡を解説するパンフレット

新潟県 上越・妙高・糸魚川 その他

謙信と十七武将 アニメ風キャラで足跡紹介 パンフを作製

新潟日報(2016年4月18日)

 新潟県上越地域振興局は、戦国武将上杉謙信の足跡をたどるパンフレット「上杉謙信公と十七武将達(たち)」を作製した。謙信と景勝、上杉家に仕えた「越後十七将」と呼ばれる武将17人がアニメ風のキャラクターで登場し、謙信にまつわるエピソードを紹介する。

 地元の春日山城を居城とした謙信の功績を分かりやすく知ってもらおうと、同振興局が、上越市や上越観光コンベンション協会の協力を得て企画。パンフ作製に合わせ、もともとあった謙信、景勝、直江兼続以外の武将のキャラをコンベンション協会が考案した。

 武将一人一人が謙信のエピソードを語るという設定で、「勝率は9割5分を越え、戦国大名ではトップの成績じゃ」「酒の肴(さかな)は何じゃと思う? いつも梅干しじゃ」などと、ユーモアあふれる語り口調で解説している。

 パンフレットはA5判、18ページで3万部発行。上越、妙高両市役所や観光案内所などで配布している。武将のキャラと春日山城の空撮などを交えた映像も動画サイト「ユーチューブ」で公開している。

 問い合わせは同振興局企画振興部、025(526)9303。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット