高倉さんの写真とともに高倉さんが所蔵した刀などを並べた企画展

高倉さんの写真とともに高倉さんが所蔵した刀などを並べた企画展

長野県 上田・小諸 祭り・催し

高倉健さんと刀工の交流伝える企画展 坂城町鉄の展示館

信濃毎日新聞(2016年4月20日)

 坂城町鉄の展示館と町は、2014年11月に亡くなった俳優高倉健さんと、同町坂城の刀工宮入小左衛門行平(本名・恵(けい))さん(58)との交流を伝える企画展を開いている。高倉さんの遺族が町に寄贈した刀剣類7点や2人が写った写真などを並べている。

 刀身72センチ余りの刀は、高倉さんの依頼で宮入さんが打った。高倉さんは当初、「イメージが違う」としたものの、その後、宮入さんが長年保管していたことに感激して受け取りを希望。つばやさやなどの製作中に高倉さんが亡くなったという。

 遺族から寄贈された江戸初期や幕末の脇差しなども展示。宮入さんの子どもと笑顔で接する高倉さんの写真や、高倉さんが使った家紋入りのふくさなどの品々も置いている。

 同館などは5月15日と6月12日、高倉さんが宮入さんと歩いた町内の約1キロを散策するツアーを行う。5月22日には宮入さんが展示品を解説するギャラリートークもある。

 午前9時〜午後5時。6月12日までの期間中は無休。入館料500円、中学生以下無料。散策ツアーは両日とも定員30人で事前予約が必要。参加費千円。問い合わせは鉄の展示館(電話0268・82・1128)へ。

上田・小諸 ニュース

上田・小諸
イベント

上田・小諸
スポット