関係者が手を振って見送る中、出発したリゾート列車「雪月花」=23日、上越市の上越妙高駅

関係者が手を振って見送る中、出発したリゾート列車「雪月花」=23日、上越市の上越妙高駅

新潟県 上越・妙高・糸魚川 鉄道

待望のパノラマ満喫 トキ鉄リゾート列車「雪月花」運行開始 停車駅で住民も歓迎

新潟日報(2016年4月25日)

 えちごトキめき鉄道(上越市)のリゾート列車「雪月花」が23日、運行を開始した。第1便には県内外の35人が乗車し、山海の景色やこだわりの食事を楽しんだ。

 2両編成の朱色の新造車両(定員45人)は、風景を堪能してもらおうと客席の窓を天井近くまで広げ、運転席後方に展望デッキを設けた。バーカウンターもある。

 上越妙高駅ホームでは、午前10時19分の第1便の出発を前に式典が開かれ、えちごトキめき鉄道の嶋津忠裕社長が「雪月花の魅力向上と沿線の観光振興に全力を尽くしたい」とあいさつした。太鼓演奏などの後、雪月花は出席者に見送られて出発。妙高高原駅でUターンし、雄大な妙高山や日本海を眺め、糸魚川駅へ向かった。

 乗客は途中停車の駅で住民の歓迎を受けたり、車内で県産食材を使ったフランス料理を味わったりしながら、約3時間の列車の旅を満喫していた。

 東京都の会社員は「窓が大きく山も海もとてもきれいに見えた。食事も地酒もおいしかった。ぜひまた乗りたい」と満足そうだった。

 運行は当面土日祝日のみ。1日2便で予約が必要。料金は税込み食事付き1万4800円、食事なし6千円。問い合わせは予約センター、025(543)8988(平日のみ)。

上越・妙高・糸魚川 ニュース

上越・妙高・糸魚川
イベント

上越・妙高・糸魚川
スポット