3階の「月美の湯」を見学する関係者 =湯めどころ宇奈月

3階の「月美の湯」を見学する関係者 =湯めどころ宇奈月

富山県 黒部・宇奈月・新川 温泉

総湯「湯めどころ宇奈月」27日オープン

北日本新聞(2016年4月27日)

 気軽に掛け流しの温泉を楽しめる総湯「湯めどころ宇奈月」が黒部市宇奈月温泉に完成し、26日にセレモニーが行われた。公衆浴場や観光案内所を備え、観光客と地域の人が触れ合えるスポットは、新たなにぎわいを創出する拠点になりそうだ。27日にオープンする。 

 総湯は鉄骨造り、地下1階、地上4階建てで、延べ床面積1093平方メートル。1階は観光案内所やフリースペースを設けた。浴場は2階に「桃の湯」、3階に「月美の湯」を備える。ぬるめの湯や熱い湯の浴槽があるほか、3階には露天風呂も設けた。湯上がりの「涼み処(どころ)」や、温泉街を眺められる屋上テラス、足湯などもある。源泉の熱や夜間排湯の熱を床暖房や融雪などに利用する。総工費は7億7千万円。

 セレモニーでは堀内康男黒部市長が「総湯は北陸新幹線の開業効果を持続させる鍵。観光の目玉となって、さらに宇奈月温泉街がにぎわってほしい」と述べ、地元を代表して河田稔宇奈月温泉自治振興会長があいさつ。亀井明紀県観光・地域振興局長と大野久芳県議会議長、木島信秋黒部市議会議長が祝辞を述べた。川端康夫黒部・宇奈月温泉観光局代表理事らが加わり、テープカットした。

 営業時間は観光案内が午前9時~午後5時、温泉施設が午前9時~午後10時。定休日は5~10月が第4火曜、11月~4月は毎週火曜。利用料金は高校生以上500円、小中学生250円。未就学児は無料。指定管理者のホクタテが施設を運営する。

 オープンを記念して27日から5月1日までの間、餅つきやコンサート、移動販売車の出店などが予定されている。問い合わせは同施設、電話0765(62)1126。

黒部・宇奈月・新川 ニュース

黒部・宇奈月・新川
イベント

黒部・宇奈月・新川
スポット