多くの観光客らが見守る中、穂高連峰を背景にアルプホルンの演奏で幕を開けた上高地開山祭

多くの観光客らが見守る中、穂高連峰を背景にアルプホルンの演奏で幕を開けた上高地開山祭

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し アウトドア・レジャー

上高地にも春到来 河童橋たもとで開山祭

信濃毎日新聞(2016年4月28日)

 北アルプス・上高地(松本市安曇)の観光シーズンの幕開けを告げる上高地開山祭が27日、梓川に架かる河童橋のたもとで開かれた。地元の乗鞍アルプホルン愛好会の7人が山々を背にゆったりとした演奏を披露し、集まった約3500人(実行委発表)が開山を祝った。

 観光関係者らによると、今冬は例年になく雪が少なく、河童橋から見上げる穂高の山々の斜面は地肌が目立った。

 式典で松本市の菅谷昭市長は、今年初めて迎える国民の祝日「山の日」(8月11日)の記念全国大会が上高地で開かれることに触れ、「山がもたらす恩恵に感謝し、上高地から山の魅力を発信したい」とあいさつ。地元上高地町会長の上條敏昭(としてる)さん(66)は上高地に漂う春の雰囲気に「今年は10日から2週間ほど季節の移ろいが早い」と話していた。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット