下諏訪町第1区で披露された騎馬行列

下諏訪町第1区で披露された騎馬行列

長野県 蓼科・八ヶ岳・諏訪 祭り・催し

下社騎馬行列、地元に披露 下諏訪で伝統の「勢揃い」

信濃毎日新聞(2016年4月30日)

 諏訪郡下諏訪町第1区の下之原(しものはら)騎馬保存会は29日、明治初期から受け継がれる騎馬行列を地元住民にお披露目する「勢揃(ぞろ)い」を行った。小学生から大人まで会員ら約150人が参加。諏訪大社御柱祭の下社里曳き(5月14〜16日)の本番でまとう衣装で傘ややりを手にし、磨き上げてきた所作を披露した。

 騎馬行列は「サーサーヨーヤセー」の掛け声に合わせ、ゆっくりと進んだ。鈴を付けた衣装の「奴(やっこ)衆」は、傘を投げ上げたり、足の甲の上で立たせた状態を維持したりする妙技を披露。「草履取り」役の小学生たちは、草履を投げ上げ、地面に置く動きを繰り返した。

 保存会の中村一也会長(64)は「最初はみんな緊張した様子だったが、後半は楽しみながらできた。里曳きでも見応えのある行列を披露したい」と話していた。

蓼科・八ヶ岳・諏訪 ニュース

蓼科・八ヶ岳・諏訪
イベント

蓼科・八ヶ岳・諏訪
スポット