チケットを求めて大勢が詰め掛けた、まつもと市民芸術館の特設会場

チケットを求めて大勢が詰め掛けた、まつもと市民芸術館の特設会場

長野県 松本・上高地・美ヶ原 祭り・催し

「大歌舞伎」チケット発売 松本の特設会場に1100人

信濃毎日新聞(2016年5月2日)

 7月11〜17日に松本市のまつもと市民芸術館で開かれる第5回「信州・まつもと大歌舞伎」のチケットの一般販売が1日、同館やインターネットなどで始まった。この日のみ同館に設けた特設会場は、発売開始の午前10時時点で1100人余が詰め掛け、期待の高さをうかがわせた。

 演目は同館の串田和美芸術監督が演出する「四谷怪談」で、中村獅童さん、中村勘九郎さんらが出演する。同館前にはチケットを求めて2日前から並んだ人もおり、1日午前8時15分に開館すると待っていた約300人が会場へ。公演日ごとのブースに並び、購入していた。会場では串田さんのビデオメッセージが放映され、「皆で盛り上げてほしい」と呼び掛けていた。

 2008年の初回から毎回観賞している松本市の自営業市川香奈子さんは前日から並び、「初回公演を見た時、世の中にこんなに面白いものがあったのかと驚いた。今年も楽しみ」。岐阜県の会社員男性(30)は安曇野市在住だった12年と14年の公演を鑑賞。今回は転勤先から駆け付け、「時代に合わせて進化する歌舞伎は楽しい」と期待した。

 同館によると、この日、全9公演の桟敷席は完売。同館で販売するチケットの9割以上が売れたという。残席は同館とチケットぴあの窓口、電話、インターネットで販売中。問い合わせは同館(電話0263・33・3800)へ。

松本・上高地・美ヶ原 ニュース

松本・上高地・美ヶ原
イベント

松本・上高地・美ヶ原
スポット